コア コンピタンス 意味。 コアコンピタンスって何?具体例を交えつつ分かりやすく解説してみる│BizLabo

「コアコンピタンス」の意味は!? 正しく説明できるとカッコイイ!【意外と意味を知らないビジネス用語】

コア製品を選別する• そのため、コンピタンス経営は大企業ほど成功しやすく強いといわざるを得ません。 また、コアコンピタンスとは別にケイパビリティとして「組織全体を通じた優れた仮説検証力」を保有することで、異業種への参入を次々に実現していきました。 また、少しでもタイミングを間違えたら、そのアイディアを誰かが先取りする可能性もあります。 簡単には真似されない 全てを真似するのは難しいから ので、こうしたケイパビリティを保有する会社は長期的に競争優位性を創出できる訳です。 例えば、シャープの液晶技術ですね。

Next

コアコンピタンスを作り、磨き上げるのは自分自身であることを忘れてはいけません

ビジネス用語「コアコンピタンス」を正しく使える? 上司と面談中、「 コアコンピタンスについて、君の考えは?」と質問されたら、しっかり答えられますか。 ただしシャープは掃除機も作ってますよ。 ホンダでは新しく公害になりにくい高性能エンジンを開発したことで問題解決を果たし、今日の支持を得ています。 完全に無意味ではありませんが、リスクヘッジのためにも 他の経営手法や経営戦略と併用するのが望ましいと考えます。 【例文2「コアコンピタンスを洗い出す」とは】 自社のコアコンピタンスは何かを考えるときに、たくさんある技術や特徴の中からコアコンピタンスを選択することになります。

Next

コアコンピタンスとは何か?「攻めの戦略」は富士フイルムの事業変革に学べ 事例や図版でフレームワーク解説|ビジネス+IT

カテゴリ:• 以下の商品を販売しているとします。 つまり 短期間で強みが消滅せず、長期にわたって他社の追随を許さない競争的優位性を保つことができるか、という視点です。 これは、• カテゴリ:• カテゴリ:• そのため、自社の能力・強みであるコアコンピタンスは 顧客の利益にもなることが条件となるのです。 下記の記事には、この手順をわかりやすく解説しています。 カテゴリ:• 希少とは、数が少なく珍しいこと。 希少性は、その名の通り、その強み、要素に希少性があるかどうかです。

Next

コア・コンピタンスの意味とは?企業事例や取り入れるためのポイントを紹介

この場合の「Core」は「芯」や「核心」を指し、「competence」は「能力」や「適性」を指します。 カテゴリ:• 部署の連携、効果的な人材の配置などを強化したトータル的な組織づくりによって、確実な品質保証、リードタイムの短縮などというようなオペレーション面において確かな強みにすることができます。 耐久性とは長期間、その強みが他社との競争優位に立っていられるかどうか、 という視点で考えることです。 つまり、組織的に優れている能力のことを指します。 必要なポイントも把握しておくことで、コア・コンピタンス経営も取り入れることができます。 これら5つの要素から見極めることで、 自社のコアコンピタンスを発見していくことができます。

Next

コアコンピタンス

競合他社に真似されにくいか• カテゴリ:• 時間をかけて強みと弱みを見つけていき、コア・コンピタンス経営を取り入れていきましょう。 たとえば、SONYのコア・コンピテンシー(コア・コンピテンス)が『小型化技術力』であったとして、それだけであのような高い実績をあげられたのか、ということです。 カテゴリ:• 「ケイパビリティ」は「コミュニケーション力」と「関連する上下左右の業務への理解」も重要になりますが、企業が期待する人材として活躍するためにも、自信の「ケイパビリティ」を高めていくよう心がけましょう。 カテゴリ:• カテゴリ:• 蛇足ですが、コア・コンピタンスに類似した概念で、ケイパビリティ(capabilities)というものがありますが、こちらは単に技術や能力だけではなく、それらを含む情報を基礎にした組織過程全般に及ぶ企業独自の能力を意味します。 カテゴリ:• カテゴリ:• カテゴリ:• 自社の経営資源やノウハウが簡単に真似できるものだと、他社に模倣されて自社の強みがなくなってしまいます。 この使い方では、企業戦略の中心となる技術やノウハウをしっかりと意識し、その上で他社との競争に臨んでいこうという意味合いとなっています。 ドライカレー• 移動可能性 (Transferability)• 多くの製品• 最初の方は利益を得られないかもしれませんが、一度コアコンピタンスを確立すれば、他社は容易に真似できない能力を以って、複数事業で長期的に収益を得られるようになります。

Next

コアコンピタンスとは何か?「攻めの戦略」は富士フイルムの事業変革に学べ 事例や図版でフレームワーク解説|ビジネス+IT

コアコンピタンスの成立条件は理解できても、抽象的なのでどうしても実務に活用しにくい部分もあるかと思います。 まぁ、あくまで私の理解なんですが・・・ あと関係ないことですが、補足ではなくお礼の方にコメントして頂けると、メールが届くので直ぐに追加回答できたりします。 行動科学分野 行動力を評価する項目。 コアコンピタンスの一例 それでは、どのようなコアコンピタンスの種類があるのか、一例をご紹介します。 「ケイパビリティ」を利用する大きなメリットは、組織づくりとして部署の連携や人材の効果的な配置などを強化したものを行うことによって、会社の品質保証などの成長の原動力になることです。 コアコンピタンスの条件は大きく分けて3つになる コアコンピタンスの条件としてはケイパビリティのなかから「顧客利益の有無」「優位性と独占力」「汎用性」の3つを満たすものということになっています。

Next