デュアプレ アルカディア ス。 《聖霊王アルカディアス》

【デュエプレ】マスター帯21連勝!NJ/ENK式ドロマーアルカディアス【デュエマプレイス】

また、進化元の弱点から進化そのものができないこともある。 除去と攻めを両立するデッキ の効果で相手のクリーチャーをマナ送りにする除去を連打することができます。 弱点を攻撃した際の倍率が上がっているため、弱点を集中攻撃してダメージを与えよう。 このカードを使用する代表的なデッキ [ ]• バジュラ終盤 3月後半? なので今回紹介したデッキは「精霊王アルカディアスをどうしても使いたい!」という方向けのデッキって感じですね。 墓地回収やマナ回収があれば2枚でもいいと思いますが、このデッキには採用していないので3枚採用です。 スマートフォンアプリゲーム「パズル&ドラゴンズ」では、から進化させることで入手できるとして出演した。

Next

【モンスト】アルカディア【爆絶】攻略と適正キャラランキング

今の環境にも刺さっていると思います。 速攻デッキには強いですが、 《クリスタル・パラディン》や 《クリムゾン・ワイバーン》等のブロッカー対策には滅法弱いです。 まとめ デュエプレでも屈指の人気とカードパワーを持つ 《聖霊王アルカディアス》を最大限上手く使うことができる【トリーヴァアルカディアス】。 追加された多色カードは優秀なイニシエート2種に加えフィニッシャーのと、大幅に強化されました。 を軸にガーディアンをで強化していきましょう。

Next

【デュエプレ】トリーヴァアルカディアスデッキのすべてが分かるガチ解説【デュエマプレイス】

。 中盤~終盤でアルカディアスを出してから相手のシールドを殴りにいきましょう。 速攻に適したクリーチャーが増えたので強化されています。 ブロッカーで戦線維持 、を召喚してまでゲームを繋ぎます。 ゲームのペースを握ったら、切り札の 《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を召喚しましょう。 立ち回り解説 序盤 序盤はマナブースト 、でマナブーストを行っていきます。 《ダイヤモンド・カッター》でブロッカーたちを総攻撃させるのも有効です。

Next

《聖霊王アルカディアス》

ドローソースとなるクリーチャーカード。 「自分の「ブロッカー」を持つクリーチャーが破壊された時、自分の山札の上から1枚目をシールドゾーンに加える。 新カードの追加やカード調整次第ではTier上位に食い込むこともある。 過去には腐敗電脳メルニアや電脳聖者タージマルなどを採用していましたが、結局騒乱の影ウエスタンバレルに落ち着きました。 コントロール系にはアルカディアスの早期召喚を狙う などの動きが出来ればベストです。

Next

【デュエプレ】ネクラアルカディアスのレシピと回し方【デュエマプレイス】

(ホーリースパーク等でタップすることはできる) クリーチャーの攻撃による除去は不落の超人、悪魔神バロム程度となる。 ・自然文明デッキ ・除去コントロールデッキ ・シータミッドレンジ 自然文明のVRカード。 この枠には 汽車男もかなり魅力的なのですが、4コストのカードがあまりにも多くなってしまうため3コストのクリーチャーを採用した方が安定するかなって感じで採用していません。 また、僅か500の差で・やを討ち取れるのも少なからぬ魅力である。 守りをしっかり固めたら《雷鳴の守護者 ミスト・リエス》を召喚して後続を確保しましょう。 最初は私も 傀儡将ボルギーズをこのデッキに入れていたのですが、• フィニッシャーのブルーメルキス 追加されたはブレイクしたシールドの呪文を唱えるという凄まじい効果を持ちます。

Next

「デュエプレ」これだけは作れ。生成おすすめカード〜光文明編〜

中盤を支える白のカードを早くプレイできるようになるので、積極的にブーストしたいです。 2:左下か右下のバフォメットを片方倒す• その力は、魂の力。 そのため速攻デッキはこのブロッカーを出されるだけでシールドのブレイクが滞ることが多い。 ボルメテ・二角とフィニッシャーが多い 、と大型クリーチャーを多く採用しています。 盤面処理にも使える• リソース源である《雷鳴の守護者 ミストリエス》を処理されてしまうと後続が続かなくなってしまう難点もあります。

Next

【モンスト】アルカディア【爆絶】攻略と適正キャラランキング

先に壁カンして左下と右下にいるイフリートを倒そう。 VRとSRをふんだんに使用するため、生成レートは高いですが強力なデッキです。 ニ角の超人 Wブレイカーなので詰めで役立つクリーチャーです。 、を召喚して1ターン目から攻めていきましょう。 漫画「FE」での技名は「聖霊光」。 そして 光輪の精霊ピカリエ。

Next