新聞 記者 ドキュメント。 映画『i新聞記者ドキュメント』公開に寄せて|寺澤有|note

i 新聞記者ドキュメント : 作品情報

『ガソリン携行缶を持っていく』と電話があっても、本気でそう考えていれば電話なんてしてこない。 webDICEでは編集長の浅井隆によるレビュー、そしてこの作品のプロデュースを手掛けた河村光康プロデューサーによる原稿を掲載する。 きっと、安心できるんでしょうね。 もしもこの国のメディアが三流ならば、それは社会が三流であることを意味し、政治も同様であることを示している。 は2017年9月14日の記事で「根拠が定かでない情報や私見を織り交ぜた質問も多い」と評している。

Next

i ー新聞記者ードキュメント 劇場情報

大手メディアから推薦状などもらえば、その意向が無視できなくなり、自殺行為だ。 映画はこの記者会見の映像をたびたび使い、さらに森監督自身がその場に入って映像に収めようとまでします。 1人がこのレビューに共感したと評価しています。 『U-NEXT』では「31日間の無料お試し期間」の登録時に600円分のポイントが入手できます。 あの映画『新聞記者』の原作となった新聞記者である。 ひとりは優秀なのに未だ契約社員の敏腕記者。

Next

i−新聞記者ドキュメント−

にもかかわらず、「毎月1本以上、首相や官邸の動向を報道する記事を掲載」などという条件をつけられては、フリーランスの持ち味を生かした取材、執筆ができない。 私たちはみな多かれ少なかれそのような生き方をしています。 っていうか私は今、初めて森さんが19歳年上だって知ったんだけど、あの人還暦超えてるの? 『新聞記者』というタイトルなのに、主人公の記者が自分で情報を取ってこれない。 その姿を追う中から、あるべきメディアとジャーナリズムの姿が見えてくる。 そう思いながら観ていた。 2020年7月23日閲覧。 2019年2月28日閲覧。

Next

『新聞記者』原作者の視点で報道現場を描く 森達也監督作『i -新聞記者ドキュメント-』11月公開|Real Sound|リアルサウンド 映画部

映画はこの取材活動の様子を追いかけています。 対して「i ー新聞記者ドキュメントー」はどうだったのか。 は望月がTwitter上に、事実確認をしないまま、内閣記者会の記者らが、望月が挙手しても指名させないと内々で決めているとする事実と異なる情報を投稿し拡散されていること、その後「実際は、私の抗議以降官房長官側が、私に激怒し番記者が指名しづらい状況に追い込まれているようだ」と軌道修正を余儀なくされるもそれも事実誤認であることを指摘した上で、東京新聞内で問題視されているも本人は削除を拒否していること、毎日新聞記者が直接削除するよう求めたが応じなかったことを報道している。 。 2019年2月11日閲覧。 なぜなら、望月記者がやっていることは徹頭徹尾、政治権力への疑問・取材・質問・追及の繰り返しだから。 望月衣塑子「メディアは政権の支配を脱したか 萎縮・忖度からあるべき姿へ」『Journalism』第328号、朝日新聞出版、2017年9月、。

Next

映画『i新聞記者ドキュメント』公開に寄せて|寺澤有|note

それとナチスに加担したとして辱められた丸刈りにされた女性たちとの結びは無理矢理感がしてまとまりが悪いように思えた。 『i-新聞記者ドキュメント-』には、タイトルの上に「森達也 vs 望月衣塑子」と大きく書かれている。 それはなぜなのか。 日本の夜 女・女・女物語• 質問妨害の様子はもちろん、国会、議員会館前でなぜか警備員に通行を阻害される場面など、どうにも理不尽で、かつスリリングなシーンがいくつも出てくる。 関東地区 都道府県 劇場名 電話番号 上映形態 スケジュール 備考 東京 03-3762-6000 掲載できる上映スケジュールが存在しません。 ターシャ・テューダー 静かな水の物語• なぜかというに、外国人記者たちが望月氏を評価するように、海外では彼女の仕事に対する姿勢こそが当たり前であるからだ。 目的がなくなったら暴走するばかりですから。

Next

安倍政権はクソでクズである|i−新聞記者ドキュメント−

ちなみに何度も誘った「空気読めないスタッフ」とは私のことだ。 2017年9月23日閲覧。 - イオンシネマ• 「i-新聞記者ドキュメント-」はこの「新聞記者」と同じプロデューサーが制作しており、内容的に見ていわば姉妹編といった内容です。 声を発しているのか。 日本のマスコミが「真実」どころか「事実」さえも伝えていない原因として、記者クラブの問題は大きい。 ishimbunkisha -• 薬でレイプして、ほぼ証拠は揃って逮捕直前というところで逮捕するなという異例の事が起こった、山口敬之氏も民事での公判後にヘラヘラとして映っていた。 西森調査官 やはり条件に合致していないので、今回は見送らせていただきたいのですが。

Next