ダンジョン だらけ の 異 世界 に 転生 した けど 僕 の 恩恵 が 最 難関 ダンジョン だっ た 件。 世界恩恵 小説家になろう 作者検索

はてなアンテナ

06〓2020. 突如魔方陣らしきものがが足元に浮かびさあ大変。 でも英語かっこいいから使いたいというジレンマ。 本調子ではないこともあってか結構辛かったりする。 どういうことだ?」 モンスターの魔核を回収しているとイブが怪訝な声をだす。 そんな異世界に、地球でプログラマーとして働いていた本宮数馬(もとみやかずま)は転生を果たした。 大丈夫かね?」 無視していたわけではない。

Next

はてなアンテナ

周囲が騒めいておりその場にいる全ての人間が僕に注目している。 だが現場は路地裏、被害者は浮浪者とあって、警察はろくに動きもせぬ。 今ならAランクモンスター相手にガチで戦えるのではないだろうか? 「僕はもう見てるだけにしよ」 パーティープレイを提案したのだからもう少し前にでようかとも考えたが、あの2人が張り切ってるのは僕を休ませるためのようだ。 しかしながら、彼の目の前には転生した当初から厳しい困難が次々と立ちはだかるのだった。 偶然こんな状況が生まれるとは思わないんですけど』 そう訝しむイブに…………。 10 [quest72] <帰郷> [掲載期間] 2020. こんにちは」 「あっ。

Next

第2話そして異世界転生

僕はイブが黙り込んだのを確認すると集中して問題を解くのだった…………。 06更新 無料• 何としてでも帰ってや• 「たまにはパーティープレイでもしてみようか?」 「よし、カイザー。 世界で最も蒸気機関が普及したこの国は〈蒸気都市〉とも呼ばれ、多大なる発展と発達を遂げていた。 追加希望については、読んで面白ければアンテナに追加します。 (色々準備しないとな……) 成績上位に入るべく意識を切り替えるのだった。 ご意見・ご感想、いつでも送ってくださいまし。

Next

第2話そして異世界転生

王の娘として生まれ前世の記憶を持つ少女は、そのまま行けば王道チート主人公になれるはずが、魔力袋を自分で破裂させてしまい、魔法が使えない【底抜け姫】になってしまい、まさかのハードモード。 『あと先程解いてた問題も微妙に回答がずれてました。 『そうですね。 イブの魔法が飛び交い、逃げ惑うモンスターをカイザーが確実に倒していく。 2018. カイザー1匹たりとも通すんじゃないですよ』 「クエックエックエッ!」 何故なら目の前では大火力をもってモンスター達が蹂躙されているからだ。

Next

第75話テスト勉強

「よし良い感じだ。 ・グループに作品名がない2次創作の作品は、まとめて「2次創作」に分類しています。 そんな勇者様の異世界冒険譚。 主人公の得た能力は世にも珍しくない地属性。 そんな彼女は目もくらむような都会の落とし穴にはまったく気付かない。

Next

第2話そして異世界転生

これは食糧や安全地帯を確保できるからこその方法だ。 Bランクモンスターが10匹程混じっていたとはいえこの数は驚異的だ。 いまその帝都に一人の女 が降り立つ。 体感でいうと属性魔法を2つも使えば打ち止めな感じだ。 こうした華やかな都市には日常的に犯罪がつきものだという落とし穴に。

Next