ガロア クリーク。 JRA皐月賞の「穴馬」ガロアクリークは日本ダービーも「買い」!? キンシャサノキセキ産駒の「異端児」が好走できる理由

JRA皐月賞の「穴馬」ガロアクリークは日本ダービーも「買い」!? キンシャサノキセキ産駒の「異端児」が好走できる理由

こちらもデビューから2連勝。 9 36. 8 0. 2 0 54 (トーヨースターオー) 500 0000. 今年も例外ではなく、を筆頭に、数多くの馬の産駒たちのプライドが激突する中、この流れに真っ向勝負を挑むのがを担当する松本厩務員である。 9 0 57 コントレイル 498• 9月21日に中山競馬場で行われる菊花賞トライアル・ セントライト記念(G2)。 3 S 33. 上原師は2004年の皐月賞をダイワメジャーで制している。 4,300 Views 3週間前• 続くはここ2戦の鞍上を務めたヒューイットソンが期間を終えて帰国したため、に乗り替わりとなった。 結果はどうあれ、枠順、展開が仮に味方してもガロアクリークが皐月賞と同様のパフォーマンスをダービーで再現することは難しいでしょう。 4着に敗れた水仙賞(中山芝2200m)は長かったと加えていました。

Next

ガロアクリークが丸わかり!競走馬データベース

多少ペースが流れても終いは確実。 スピード持続力• 競走成績 [ ] 以下の内容は、の情報 に基づく。 早めに先頭に立ったガロアクリーク。 19日に行われた皐月賞(G1)はコントレイルがサリオスとの叩き合いを制し、無敗の皐月賞馬誕生となった。 また芝1800m以上の距離では、ガロアクリークを除くとこれまで重賞で馬券に絡んだ馬は1頭もいないのだ。 8・-0. 1 0(9人) 11着 R2:04. 2010年と2011年の高松宮記念(G1)を連覇した父を持つ馬だけに、皐月賞の2000mという距離を不安視する声は大きい。 3 0 56 クロスセル 506 0000. 人気馬が今ひとつのスタートの中で。

Next

ガロアクリーク松本厩務員「ダービー馬はダービー馬から」に真っ向挑戦/トレセン発秘話

ここでも有力候補とみられているが、1億円超えで取り引きされた良血馬でもあり、むろんのこと、勝ち負けになっていい。 でも今回は緩い流れにもかかわらず折り合ってくれました。 4 0. 終い33. 6 0(6人) 0 1着 R1:49. 「人気薄のスプリングSで権利を獲得して皐月賞というのはダイワメジャーと同じです。 ここで再び指揮官・上原調教師の弁。 同じく父に名スプリンターであるキンシャサノキセキを持つガロアクリークも同様である。

Next

南ア天才騎手&ガロアクリークにダブる、若きデムーロとあの名馬。

4(35. 短距離での実績が顕著です。 なるほど、朝日杯FS以上に将来を嘱望される好メンバーがそろった。 4 0. 中山金杯はフルゲート必至の混戦模様だが、穴党として狙ってみたいのは、 ハッピーグリンだ。 芝2200m(0-0-0-1) 血統的にあまり長い距離はどうかと思うが、「皐月賞」の走りを見る限り、2000mは問題なさそう。 ただ、今のところこなせている感じだがキンシャサノキセキ産駒で芝2400m…ピンとこない。

Next

スプリングS 2020年 回顧【ガロアクリーク】爆発的な決め手の謎?血統を遡ってみた

父は短距離馬として活躍したキンシャサノキセキ。 鞍上はレース後に「距離不安」をほのめかしている。 8(33. 牡馬クラシックに関していえば、2016年の皐月賞にアドマイヤモラールが出走し最下位。 3秒上回っている。 ガロアクリークは3角過ぎてスパートを開始して、4角は3番手の内で直線へ入る。

Next

ダービーでもガロアクリークは軽視禁物。皐月賞3着もフロックではない|競馬|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

5,200 Views 2週間前• 1秒を0. 問題はキタサンブラックがセントライト記念から菊花賞を連勝したように、ガロアクリークも続けられるかですよね。 この産駒の傾向からすれば、皐月賞で軽視されていたことにも頷けるだろう。 ならば前述した有力各馬と互角、もしくはそれ以上に渡り合っていい。 少なくとも後ろから他馬に差されるイメージは湧かないね。 「血統は短距離だけど、この馬はゆったり走れて跳びが大きいから、早くから長いところがいいと思っていた。 当時の研究熱心さから得た実体験が、その自信の裏付けとなっている。 5秒の脚で勝利。

Next

JRA実はここまでキタサンブラック以上の成績!? セントライト記念(G2)出走のアノ馬と歴史的名馬の意外な共通点とは……

0・2. 「この世界に入った時からを目標にやってきた。 「かなりの大物。 東京(1-0-0-0)• 6 - 35. この中間はビシビシ追って鍛え上げ、大幅な良化ぶりを見せている。 ただ、2200m以上になるとどうか? ガロアクリークの脚質 中団あたりにポジションを取って、最後は終いを生かす競馬。 11月に芝2000mの新馬戦を勝利したガロアクリーク。

Next