地 這い キュウリ。 キュウリ栽培☆秋どりきゅうりの種まき時期と育て方

地這いキュウリの “あるある” 〜収穫編

(参考ページ:) キュウリに発生しやすい病気は、6~7月にうどんこ病、べと病、7~8月に褐斑病、炭疽病がよく発生します。 キュウリの成長を低下させないように適切なかん水と追肥を行いましょう。 キュウリは水分が少ないと弦がらせん状に巻いてくるので弦先を良く観察して水切れを起こさないように注意しましょう。 生育が進んでも、株元と新しい葉に日光がよく当たるために適宜摘葉します。 第2図 青大きゅうりの地這い栽培整枝法 収穫 生食用には開花後10日程度で300g前後の若どりとし、草勢を保ちます。 (当店ではゴールデンウィークには飛び節系品種の地這胡瓜苗も販売して いますが、寒さに耐えて売り苗が丈夫に育つことが第一義なので、交配品種を使っているため果実はやや硬めです。 前作が終わり次第、畑に図のような間隔をとって直まきします。

Next

地這いキュウリの育て方を徹底解説!

こういう時は摘葉を行って株に養分と水分が行きわたるようにしてやりましょう。 キュウリに発生しやすい害虫は、ウリハムシ・カンザワハダニ・ハモグリバエ・アザミウマ・アブラムシ・ウリキンウワバ・コナジラミなどです。 キュウリを摘葉をする際に気を付ける点は、一度に葉を摘みすぎてしまうと株が弱ってしまうので、摘葉する枚数は1株あたり1日に2~3枚程度にしておいた方が良いということです。 3回目以降の追肥を行う頃には実の収穫量も増えてくるので追肥の量は生育の状態を見て増してやりましょう。 (笑) 成った果実は早めにもぎとりましょう。 なお、尻細り果やくびれ果などが発生しやすいので、乾燥などによる草勢低下に注意します。 キュウリは1度にたくさん施すよりも少しずつ施した方が効果が出ます。

Next

霜知らず地這

キュウリは根の張り方が浅いため、夏場の土の乾燥を防ぐために敷わらを敷いて対策を行いましょう。 キュウリの育て方 本来、キュウリは地面を這って生育する根の浅い野菜です。 はじめの実大きくなり始めたら1回目の追肥を行い、以降は2週間~3週間に1回追肥します。 (一般的なきゅうりと栽培方法は同じ) <誘引> 植え付けから1週間~10日後。 7月の園芸作業 ハボタンを、種まきから自分で育ててみようとするなら、中旬に種をまきます。

Next

地 這い キュウリ

病気の予防や乾燥防止になります。 べと病によく似た症状を現すが、葉裏にカビ 分性胞子 が 見られない。 小さい葉をたくさん茂らせることで、たくさんの収穫が得られます。 一方、「飛び節型」は、地這いキュウリ用に使われる、昔ながらの 品種です。 また、大量の養分を支給し続ける根は傷みやすくなり、一部に障害を受けてしまうと、栄養素の供給量をしづらくなってしまいます。

Next

JA鳥取いなば 家庭菜園

今回は節成りキュウリと地這いキュウリの2つの系統を 見てきましたがどちらが良い悪いという話ではなく 栽培する時期によって異なります。 ただし、 デメリットも存在します。 畑(菜園)でキュウリを育てる時は2週間前に、苦土石灰をを1㎡あたり100gを施してよく耕しておきます。 配信中止はこちら (但し、慶社員には社内のメーリングリストで配信しています。 そのため、支柱栽培から「地這い栽培(じばいさいばい:地を這うようにして育てる方法)」に切り替える必要があります。

Next

地這と節なりキュウリの違い、育ちとその味

種まき 1ヶ所に3、4粒ずつ、50cm間隔で、深さは1cm ぐらいにマルチに10cmぐらいの穴を開けて種をまいていきます。 地這いきゅうりを栽培したのですが、こんな事になってしまいました。 (不味くなるが)薬剤はベンレート潅注など。 特に下の方の茶色くなった老化葉は、少しずつ取り除くようにしましょう。 地這いキュウリは、親づるをニョキニョキと伸ばしてはいけないんです。 いつものキュウリをただ地面で育てれば良い・・・ というわけではなく、地這いでの栽培に適した品種を使う必要があります。 JA鳥取いなば 家庭菜園 これから間に合う地這いキュウリづくり いまが最盛期で、なりざかりのキュウリも、盛夏期に入ると急に勢いがなくなり、収穫終わりとなってしまいます。

Next

キュウリの育て方と栽培のコツ

果菜類(実物野菜)• キュウリの苗が20~30cmにまで育ったぐらいで、つるを巻きつけるための支柱を立てます。 間引きが終わったら、苗と苗の間に醗酵鶏糞などを追肥しておきます。 特に梅雨時期は病気の発生原因にもなりますので、過湿に注意をして排水対策を徹底しましょう。 病株は抜きとり、持ち出し処分します。 栽培方法は、「種を撒いて育てる方法」と「園芸センターなどでポット売りされた苗を移植する手法」が存在します。

Next

農家が教えるキュウリ栽培 混乱しがちな「仕立て」のコツ

とは言え、 巨大化したキュウリを食べられないことはないです。 だから短期決戦で正しい管理をする必要があります。 このとき、キュウリの栽培には畝(うね)は「鞍(くら)つき畝」を作ります。 子つる孫つるを伸ばし過ぎると葉が茂って風通しが悪くなり、病気の発生を助長するので注意しましょう。 ここでは、代表的ないくつかをご紹介します。

Next