厚木 市 ハザード マップ。 厚木市:厚木市洪水浸水ハザードマップ

厚木市内水(浸水)ハザードマップ

日本初!国の防災施設を官民連携で世界一の観光資源に育てる「民間運営見学システム」による社会実験が、8月からいよいよ始まります! とある。 どうやら資料の左側の紫色点線までの 地区の水をこの貯水槽に引っ張ってこれるわけだね。 とりわけ、岩手県岩泉町では、グループホームが被災し、入所者9名が全員亡くなる等、高齢者の被災が相次ぎました。 また、浸水が始まってしまったときは、無理に避難所へ移動せず、浸水していない近くの高いところへ一時的に避難してください。 ここにも書いてあるけど、プール40杯分てどれくらいよ? まったくピンとこない。

Next

厚木市の水害を考えてみた。※ハザードマップつき!

また以下のグラフは海老名市降水量の推移です。 内水(浸水)ハザードマップ• この改正により、「洪水浸水想定区域」の対象とする降雨が、「河川整備の目標とする降雨」から「想定し得る最大規模の降雨」に高められたことなどから、神奈川県では、「洪水浸水想定区域」の見直しを進めています。 3 「浸水継続時間」とは何ですか。 。 この区域では、屋内での待避(垂直避難)ではなく、避難所等への立ち退き避難(水平避難)の必要性を判断する ことが求められます。 土砂災害警戒区域は245箇所 厚木市では、同マップのほかに、厚木・相川・南毛利地区、玉川・森の里地区、荻野・小鮎地区、依知・睦合・緑ヶ丘地区の4エリアに分けた土砂災害ハザードマップも作成している。 関連ページ• 状況によっては浸水想定区域以外でも浸水する場合がありますので、洪水が発生したときや、発生しそうなときは十分に注意してください。

Next

厚木市 新洪水ハザードマップを作成 10月から全戸配布

。 市からの広報やテレビ、ラジオ、インターネットの情報などに注意して、いつでも避難できるように準備しましょう。 新しいハザードマップには、県が管理する一級河川の相模川、中津川、小鮎川、荻野川、玉川、細田川の6本に加え、市が管理する準用河川の恩曽川、善明川の2本が新たに追記され、計8本の河川と浸水想定区域が示されている。 。 量にして50リットル。 また、一定の条件下において家屋の倒壊・流出をもたらすような堤防決壊に伴う激しい氾濫流や河岸侵食が発生することが想定される区域として、「家屋倒壊等氾濫想定区域」も定めています。

Next

市からの緊急情報

土砂災害の警戒区域は245箇所にのぼる。 1 洪水浸水想定区域図(想定最大規模) 2 洪水浸水想定区域図(計画規模) 3 洪水浸水想定区域図(浸水継続時間) 4 洪水浸水想定区域図(家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流)) 5 洪水浸水想定区域図(家屋倒壊等氾濫想定区域(河岸浸食)) 「洪水浸水想定区域図」については、神奈川県県政情報センター、県河川課、厚木土木事務所にて閲覧に供しています。 。 ちなみによくニュースで聞かれる 降水雨量 50mm毎時とは、 1㎡あたり、1時間どのくらいの高さまで降ったか。 今後、荻野川、小鮎川、玉川、細田川の4河川についても、県が「洪水浸水想定区域図」を順次作成し、公表する予定です。 そばに完成イメージ図があったので、将来はどんなものを作り上げていくかというと、 地下4階建ての巨大な貯水槽!! うおおーー完成する前に一度は入りたい!! ふと頭によぎったのは、あの地下巨大パルテノン神殿。 1 洪水浸水想定区域図(想定最大規模) 2 洪水浸水想定区域図(計画規模) 3 洪水浸水想定区域図(浸水継続時間) 4 洪水浸水想定区域図(家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流)) 5 洪水浸水想定区域図(家屋倒壊等氾濫想定区域(河岸浸食)) 「洪水浸水想定区域図」については、神奈川県県政情報センター、県河川課、厚木土木事務所にて閲覧に供しています。

Next

厚木市洪水浸水ハザードマップ

状況により、浸水想定区域以外でも浸水する場合がありますので、洪水が発生したときや発生しそうなおそれがあるときは十分にご注意ください。 都道府県• 最新の洪水浸水想定区域図は、(新しいウィンドウを開きます)をご覧ください。 洪水ハザードマップ• (新しいウィンドウを開きます)• また、「避難指示」についても、被害の発生する危険性が非常に高いという「避難勧告」との違いをこれまで以上に明確にするため、「避難指示(緊急)」に名称が変更されました。 実施時期も来年の8月30日まで工事してるようです。 厚木市洪水浸水ハザードマップ(閲覧・ダウンロード) 厚木市洪水浸水ハザードマップは、以下のリンクから閲覧やダウンロードしてご利用ください。 中津川においては、2日間(48時間)雨量が822mmになります。

Next

土砂災害ハザードマップ

情報収集に努めましょう 避難勧告などの情報伝達 水害のそれがある場合、テレビ・ラジオや市の防災無線の放送、市のホームページ、広報車などから避難のよびかけをしますので、速やかに避難してください。 注意してください• この見直した津波浸水予測図を基に、5つの地震を対象として「浸水域」と「浸水深」が最大となるよう重ね合わせた「津波浸水想定図」を設定・公表し、津波対策に取組んでいます。 今回の名称変更は、国の方針による全国的なものであることから、 今後、本市におきましても運用を見直し、新たな名称の避難情報を市民の皆さんに周知してまいります。 「家屋倒壊等氾濫想定区域」は、洪水氾濫によるものと河岸侵食によるものとがあります。 【用語解説】 1 「想定し得る最大規模の降雨」とは何ですか。 また、建物への浸水が始まったり、雨風が強く屋外へ出ることに危険を感じたら、市からの避難情報を待つことなく、自宅の2階以上やがけの反対側の部屋など、より安全な場所へ避難してください。 今後の雨量予測は? しらべてみたよ。

Next

厚木市の水害を考えてみた。※ハザードマップつき!

避難指示危険度情報の種類発令の目安とるべき行動低避難準備・ 高齢者等 避難開始被害の発生する心配があるときで、避難に援護が必要な方(お年寄りや体の不自由な方など避難に時間がかかる方)が避難行動を開始しなければいけない段階など。 。 (新しいウィンドウを開きます) ・平成29年3月31日付けで県が管理する厚木市内の河川のうち、相模川及び中津川の洪水浸水想定が見直され、新たに5種類の区域図が公表されました。 それを見るとちょうど67年前の7月12日。 避難指示の種類 市長は市民の皆様に危険が迫ったときは「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」や「避難指示(緊急)」を発令する場合があります。 危険度情報の種類発令の目安とるべき行動低避難準備 情報被害の発生する心配があるときで、避難に援護が必要な方(お年寄りや体の不自由な方など避難に時間がかかる方)が避難行動を開始しなければいけない段階など。 (公開日:令和元年11月1日) 関連ファイル• 神奈川県では、減災の取組の一環として、市町長による避難勧告等の適切な発令や住民等の主体的な避難に役立つよう、相模川水系における県が管理する河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域、予想される水深及び浸水継続時間を示した「洪水浸水想定区域」を水防法第14条の第1項及び同条第3項の規定に基づき指定・公表し、関係市町へ通知します。

Next

市からの緊急情報

全体を見渡すと、南は厚木清南高校付近から、 北は睦合南公民館当たりまでだろうか。 3 避難情報の伝達手段 市からの避難情報については、屋外に設置している防災行政無線のほか、室内でも放送内容を確認できる様々な伝達手段を用意しています。 また、浸水が始まってしまったときは、無理に避難所へ移動せず、浸水していない近くの高いところへ一時的に避難してください。 厚木市では、神奈川県が公表した浸水想定区域図を利用して作成している「洪水ハザードマップ」を8年ぶりに新しくし、10月から市内全戸に配布するため、現在準備を進めている。 そこには204. 内水(浸水)ハザードマップを作成しました 近年多発している大雨に対して、内水による浸水が想定される区域や浸水の深さを示した「厚木市内水(浸水)ハザードマップ」を作成しました。 情報収集に努めましょう 避難勧告などの情報伝達 水害のそれがある場合、テレビ・ラジオや市の防災無線の放送、市のホームページ、広報車などから避難のよびかけをしますので、速やかに避難してください。

Next