当該 該当 違い。 当該の意味とは?例文と使い方、該当との違い、類語・英語表現を解説

「当該」と「該当」の違いとは?ビジネスシーンでよく使われる

前文に条件や事柄があり、前提条件があって使われる言葉になります。 もしくは、「リコール対象の車種」と言い換えることもできます。 ・The difference between "applicable" and "equivalent" is the difference between "being completely identifiable" and "showing ambiguous subjects". 意味は全く同じですが、「当たる」「当てはまる」は話し言葉で使われる傾向の言葉です。 当該製品を無償点検いたします ・統計情報を提供します。 「当該」は、主に書き言葉として使われます。 この事件はある男が起こしたものだ。

Next

「当該(とうがい)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

当該に最もマッチした英語は、「the」ではないでしょうか。 ここでいう当該年度とは、2010年度から2014年度までのことを表します。 」 「該当」の英語表現と意味(2) 先述しました「該当」の英語表現に引き続き、さらに具体的な「該当」の意味合いを含めた例文をご紹介します。 問題:「特別賞:( )者なし」 答え:該当 解説:特別賞を受けるに値する人がいない、特別賞を受ける資格や条件を満たしている人がいないという意味なので「該当」を使う。 この言葉がよく使われる場面としては、今話題にしたことに続けて、その中のある物事に焦点を合わせたい時などが挙げられます。

Next

「当該」と「該当」の違いとは?ビジネスシーンでよく使われる

もし、条件を満たしているなら、「応募条件に該当する」ということができます。 該当の意味と使い方 まずは、より頻繁に使う「該当」からおさえていきましょう。 まとめ 「当該」とは、今話題にしているものに「関係のあるもの」を指す言葉です。 また、「そのもの」です。 この例文の中では、当該年度は昨年度を指し示します。

Next

「該当」の意味と使い方・「対象・相当・当該」との違い・類語

当該商品の魅力について、もっと知っていただきたいです。 大体の範囲ではなくて、特定する範囲が決まっていてそれを的確に示すことを表しています。 「その」と言い換えることができます。 当該年度では使用できません。 たとえば、世の中を騒がせている事件の犯人について話しているとき、会話の中で犯人について既に語られたのであれば、再び犯人に言及する際には「当該人物」という言葉で示すことが出来ます。

Next

「当該」の意味とは?「該当」との違いは?類語から英語表現、使い方まで

山や川といった言葉から分かるように、固有名詞にはグループ化の役割がありますが、そのグループから、文脈に合わせて範囲を絞るのが、当該という言葉です。 この点は、後ろに「する」をつけて使う「該当」との、大きな違いとなっています。 会社でも、データを求められることはよくあることです。 「該当」とは異なり、「当該」の場合は前後に名詞が必要となるということです。 「いずれにせよ、警察はコンピューターを利用することによって該当する犯人をピックアップしなければなりません。

Next

該当と当該はどっちが正しい使い方?意味の違いや漢字の使い方について

逆に、特別な機会や公式行事、公式な書類文章などの場合には、「当該」を使うことで「重要なことであり、正式にまた丁寧に伝えたい」というニュアンスも加えることができると言えます。 「当該」は、いわゆる「その」「この」「前に述べた」などと同じような意味合いになります。 「当該」と「該当」の違い 似ている単語として、「該当」があります。 適切に覚えて、上手く使い分けできるようにしましょう! 「当該」と「該当」の違い 「当該」・・・前述した事柄に関係のあること、対象となるもの 「該当」・・・ある事柄の条件・ケース・資格など、何かしらに当てはまること 「当該」と「該当」は似ていますが、それぞれ意味と使い方が異なります。 また、独立して使うこともなく、通常は後ろに名詞を伴います。

Next