三郷 工業 技術 高等 学校。 トップページ

工業化学科

設置学科• 電子機械科 - Robotの頭文字をとってR科とも略される。 【制服】 シンプルなブレザーです。 三学期制 全体のカリキュラムの約3分の1を専門科目とし、実験実習・製図や各科の基礎から応用まで学習する。 化学系大学への進学にも力を入れています。 機械科、電子機械科、電気科、情報技術科の4学科でスタート。

Next

三郷工業技術高等学校に関する口コミ:三郷工業技術高校の口コミ

ソフトウェア、ハードウェアの双方から学び、ネットワークアドミニストレータ育成を目指している学科。 身のまわりには石油製品や薬品、セメントなどの化学製品にあふれています。 年度 募集人員 入学許可 予定者数 受検者数 入学許可 候補者数 倍率 欠員 補充人員 令和2年 40 40 40 40 1. 情報電子科 - Telecommunicationの頭文字をとってT科とも略される。 03 0 平成29年 40 40 44 40 1. 情報技術科 - Computerの頭文字をとってC科とも略される。 。

Next

埼玉県立三郷工業技術高等学校 偏差値・合格点・受験倍率

有名な会社の子会社に就職する人も多かったです。 体験するパソコンはプロでも使用しているような液晶ペンタブレット(高校では唯一!)で行い、実際のアニメーションを作成されている現場と同等な体験ができたそうです。 無線部は、全国高等学校アマチュア無線コンテスト高校マルチオペレータ部門シングルバンド50MHz優勝。 【校則】 髪については厳しかったです。 また、資格取得にも特に力を入れている。 機械科 - Machineの頭文字をとってM科とも略される。

Next

埼玉県立三郷工業技術高等学校

もう1つは「ピカL君を作ろう! LED基盤製作教室 」で、制御の基礎であるはんだ付けの体験しました。 次の場合、臨時休業となることがある。 「学校の活性化・特色化方針」には、1ページ目に、学校の基本的な情報として、生徒数、ホームページアドレス、アクセス、教育課程等の特徴、活躍が顕著な部活動、特色ある学校行事、家庭・地域との連携、進路状況等が掲載されています。 - 埼玉県立三郷工業技術高等学校開校。 加工、機械の設計方法やCADを学ぶ学科。 進路 - 大学や就職先など卒業後の進路 全員参加制。

Next

三郷工業技術高等学校に関する口コミ:三郷工業技術高校の口コミ

10 0 平成26年 40 40 42 40 1. 00 0 平成24年 40 40 45 40 1. 【部活動】 文化部も運動部も活気がありました。 でも厳しいの髪は就職に関わってくることなので仕方がないことです。 今後、情報をホームページにアップしていきます。 学校名をクリックすると、pdfファイルで見ることができます。 特に無線部は全国大会優勝したことがありました。

Next

県立三郷工業技術高等学校

05 0 平成25年 40 40 40 40 1. 【施設・設備】 工業的分野の実習で使う機会が豊富でした。 8月4日に令和2年度県立学校等公開講座(夏季)を電気科と情報電子科で開催しました。 【学習意欲】 工業的分野の勉強も普通科の勉強もみんな真剣に受けていました。 (6月18日更新) 学校が臨時休業となる場合について、以下のように定めます。 設置学科 [編集 ]• 98 0 平成27年 40 40 44 40 1. 平成30年度は、電子技術部が高校生ロボットコンテストライントレース部門ロボット相撲ラジコン型優勝。 基礎学力の充実にも力を入れ、1・2年次の数学は習熟度別授業、1年次の英語は少人数授業で行う。

Next

学校の活性化・特色化方針

最新設備による先端技術教育を中心にきめ細かな技術教育を実践。 情報技術科 - Computerの頭文字をとってC科とも略される。 (ア)児童生徒や教職員が感染者となったとき。 さらに、2ページ目には、入学してから卒業するまでの育成方針を生徒の「成長物語」として、各学校の独自形式で記載されています。 ピカL君は本校オリジナルの基盤で、フルカラーLEDをピカっと光らせるものです。 沿革 [編集 ]• 工業化学科では総合的な化学に関する知識と技術を、座学・実習を通して身に付けることができます。

Next

埼玉県立三郷工業技術高等学校とは

また、ロボット相撲の全国大会でベスト16の成績を収めた。 特にCG教育に力を入れており、デザインや映像技術などを学び、次世代クリエイターを育成する。 平成28年には、機械研究部が、埼玉県高校生エコカーコンテスト気化器方式部門で優勝した。 情報電子科 - Telecommunicationの頭文字をとってT科とも略される。 これらの授業の大半は少人数の班編成で行い、学習効果を高めている。

Next