ゼクシオ イレブン。 ゼクシオ11代目は 「イレブン」「X」の2本立て!<試打レポ付き>

ゼクシオ 11 イレブン ドライバーの最新情報!試打・評価

そのスチールシャフトは、シャキッとした振り味になっており、スイングテンポの早い方でもミートしやすい仕上がりになっています。 ・使用した商品を代金引換支払いにてご注文の場合、代金引換手数料は返金対象外です。 一般のゴルファーを対象にしていたゼクシオは、今回のモデルチェンジで二つのブランドに分かれることになりました。 市場にある飛距離性能が優れているボールは規則があるので、横並びですが、そこに食い込みます。 【打感】8. 【やさしさ】9. その遅さにしてはかなり飛んでます。 ストレッチを大きくとったような後ろがほんの少しだけ突き出たような形状に見えます。

Next

ゼクシオ イレブン FWを西川みさとが試打「やさしく感じられなかった…」|クラブ試打 三者三様|GDO ゴルフギア情報

硬いということではなく、強く速く振っても負荷に負けずにちゃんとしなり戻ってくれるという感じ。 0と レギュラーシャフトよりしっかりしていますので、ゼクシオ11よりつかまり過ぎることがありません。 「ゼクシオ」というブランドはゴルファーでなくても見たこと聞いたことがある人の多い、日本で一番有名なゴルフブランドと言っても過言ではないでしょう。 今までのゼクシオで、一番飛距離が出ました。 ゼクシオ10と11を並べてみると、ロゴだけでなく、デザインが大きく代わり、カラーリングもこれまでのネイビーからブラックにかなり寄ってきて、 よりシャープで精悍なイメージになっています。

Next

ゼクシオ イレブン FWを西川みさとが試打「やさしく感じられなかった…」|クラブ試打 三者三様|GDO ゴルフギア情報

チタンフェースは軟鉄と比べて硬度があるため、しっかりと対策しない、ちょっと芯を外しただけで硬い感触が生まれてしまうのですが、ゼクシオアイアンはどの代のモデルにもそれがないのです。 つかまり性能に関しては、適度な印象で、極端に左に引っかける弾道はほとんど出ません。 ゼクシオ イレブン ドライバー• 前作の8. 共に記載のある「WEIGHT PLUS」とは、今作から新たに導入されたテクノロジーで、グリップエンド側に重量を配することでクラブ重心が手元寄りとなり、テイクバックのスイングとトップ位置のブレが抑えられる効果を発揮してくれます。 「WEIGHT PLUS(ウエイトプラス)」テクノロジーによるカウンターバランス効果が兄弟モデルの「」以上ににリアルに感じられる。 【つかまり】9. それによるダウンスイングの安定だけでなく、パワーが溜まって前作比0. 外からはシリコンラバーブッシュは見えませんが、グリップには入ってるよ〜アピールがちゃんとされています グリップエンド側に重量を持たせることでテークバック時のヘッドを支える力を軽減させるといいます。 こまけぇことはいいんだ、やさしいクラブ持ってこい〜なんて人には、ヘッドスピードに合わせたゼクシオシリーズを持っていけば解決してしまいそうな懐の深さを感じますね。

Next

ゼクシオ11代目は 「イレブン」「X」の2本立て!<試打レポ付き>

気になるゼクシオは、今回も調整機能は搭載されていません。 html ゼクシオ11ドライバーでは、まずクラブ全体の重量が280gと10gアップしています。 ディンプルは338個で高弾道設計になっているようです。 5インチ ライ角:59度 シャフト:Miyazaki AX-1(S・SR・R) 総重量:299g(S) 堀越 エックスは、これまでのゼクシオとは明らかに違う見た目のスポーティさがあって、打つ前からワクワク感が高まります。 『ゼクシオ イレブン ボール』は、ダンロップスポーツマーケティングが2019年11月8日に発売したボールです。 ちなみに、前モデルのゼクシオ11は45. 25インチ、Sフレックス)。

Next

ゼクシオの11代目「ゼクシオイレブン(XXIO ELEVEN)」と「エックス(X)」が登場 | GDOゴルフショップ

8ヤードもの飛距離アップができたという事前情報があります 事前の話では期待感のあるフェアウェイウッドですが、そのあたりも本当がどうかが正直気になるところ という事で、このページでは高精度弾道計測機GC2を使ってのデータ計測をもとに、 『ゼクシオ11・ゼクシオX エックス フェアウェイウッドの良かった点と、ここはちょっと気になるという点』を正直に 試打評価レビューしていきます ゼクシオ11とゼクシオX エックス フェアウェイウッドの主な特徴は以下のとおりです• ヘッドを軽く、グリップを重く ウェイトプラステクノロジーについて文字で説明する前に、ダンロップにて解説動画がアップされていますので、まずはご覧になってみてください。 10g重くなった、ゼクシオ イレブン ドライバー ゼクシオは幅広いゴルファーに使われていますが、製品開発におけるコアなターゲットゴルファーは60代です。 そして、2019年はタイトリストのTS1やブリヂストンのPHYZなど、軽量クラブが豊富にリリースされた年でもあります。 オールドゴルファーで、昔のボールを懐かしんでいるゴルファーにも強くオススメします。 簡単です。 使用球は 飛距離的に言うと 2 本とも 5 番ウッドとしては非常に優秀な結果となりました 当サイトでの、 5 番ウッドの基準としてはキャリー 210 ヤードが飛ぶかどうかの境目に設定していますが、見事にクリアしています 高初速かつ弾道も高い 特にイレブンの方はバックスピン量 4030rpm が少なく、弾道の強さが際立っています 軽量のフェアウェイウッドながらここまでの強弾道が打てるモデルは貴重といえますね 対して、 エックスの方がバックスピン量 4564rpm が多くなっています 飛距離へも影響が出ていて、キャリーで 3 ヤードですがイレブンの方が飛んでいます スピン量に関しては、ヘッド形状と重心特性の影響がしっかりと出ているのが感じられるポイントとなりました 飛距離でいえばイレブンに軍配が上がるね 弾道の高さは最高到達点からみて、ほぼ同じかむしろエックスの方が高いです 打ち出し角はエックスの方が低いのだけれど、バックスピン量の多さで途中から吹き上がり気味の弾道となって高さが出ているという結果でした 捕まえるならゼクシオイレブン、ストレート弾道ならゼクシオエックスト 捕まり具合はイレブンの方が強くて、ドロー系の強い打球が印象的でした それに比べるとエックスは捕まりが少しですが控えめです とはいってもイレブンでもサイドスピン量が 300rpm ほどなので、強めのフックではなくてあくまでも軽いドローという球筋 両者ともにストレート傾向なのだけど、捕まりを重視するならイレブン、捕まりはなるべく抑えたいならエックスという選び方ができますね 打球音は比較的高め ゼクシオエックスのドライバーは中低音の玄人好みの打球音だったのですらが、フェアウェイウッドになると 2 本とも弾き感のあるやや高音で、ほとんど違いを感じませんでした ゼクシオエックスドライバーではカーボン素材を使用したりといった所が打球音にも影響していたのだと思います フェアウェイウッドになると素材や構造的に両者とも大きく違わないという部分が関係していると推測されます• これが、あの心地よく爽快な音を生み出してくれる秘密です 音響データをしっかり取り、音までチューニングしているゼクシオ。 5、11. 5インチだったのと同じく、 ゼクシオXドライバーの方が0. 「WEGHT PLUS テクノロジー」というカウンターバランス設計がスイングプレーンを安定させてくれるので、正確にボールを拾い上げて同じ弾道にそろってくれます。

Next

ゼクシオ 11 イレブン ハイブリッドの試打&評価/振り抜きやすくて方向性がいい│楽しい GOLF LIFE

5、9. それでもかなりテイストが違うのでターゲット層は大きく違います。 ロフト角:9. エックスのアイアンは、軟鉄鍛造のボディに、裏面に溝を配置した「スピードグルーブフェース」を採用した特殊鋼のフェースを採用。 バックスイングを上げて下ろすだけ。 ・返品にともなう商品代金の返金方法については、お支払い方法によって異なります。 5 8. ボールナンバーが黒なのは硬い、赤なのは普通、青や緑は柔らかいというのが基本だったのです)。

Next