不死鳥 モルネク。 【DBC】【安く組みたい!】不死鳥NEXT紹介記事

マルコ(ONEPIECE) (まるこ)とは【ピクシブ百科事典】

(それがウエポンであれば、このクリーチャーに装備して出す) 龍マナ武装 5:各ターン、このクリーチャーがはじめて攻撃する時、自分のマナゾーンに火のドラゴンが5体以上あれば、攻撃の後、このクリーチャーをアンタップする。 は後にを獲得するまで環境から一歩引くこととなる。 こうした事情を踏まえた上で、ネコマムシからは自身や光月家、そしてエースの弟でもあるルフィがカイドウを討つために行動を起こすこと、そのために協力してほしいと誘いを受けたが、現在、のとその母 40年近く前に白ひげの船に乗ったことはあるがウィーブルと白ひげが本当に親子かは不明 が、白ひげの遺産目当てに白ひげゆかりの者達を襲っていることや、自分とこの村も狙われる可能性が高いことを説明。 期 [ ] 能力でマナゾーンからドラゴンを踏み倒すが登場。 フェアリー・ギフト1枚 虹文明• メガ・マナロック・ドラゴン 1枚• 更新された記事• それではまた次の記事でお会いしましょう! それでは. 今回はCSで優勝したモルネク剣(モルトネクスト)を紹介させていただきました。

Next

【デッキ】不死鳥モルネク

これを見てカムイは嫌な顔をする。 《超戦龍覇モルトNEXT》の搭載している効果は主に連ドラ効果に近いスタイル。 やっぱりギガンディダノスは鬼修羅から出してなんぼだよね!!!. その動きできないので解雇 --- プレイング 5Cジャクポと基本似た動きなので割愛。 基礎戦闘力 マルコ自身も使いであり彼の基礎戦闘力の高さもあって、能力と合わせてのを 単身で相手をする、ルフィを始末しようとしたを蹴りで吹っ飛ばす、のの マグマを受け止めるなど、 達の攻撃を真正面からほぼ無傷で受け止め、渡り合えるほどの力量を誇り、その威力は蹴りだけでも の海賊船を落としてしまう程。 新たな戦力としてや、手札補充またはマナブーストを行うを獲得。 現在お値段は5kくらい。

Next

デッキ相談室

代わりのカードくらい見つかります。 【モルトNEXTデッキ】モルネクデッキの強み マナ加速と展開がスピーディに! モルトNEXTデッキのコンセプトとしては• モルトネクストとグレンモルト覇のどちらでもクリーチャー側で出てこれます。 また、色も赤緑と優秀です。 検索 名前が名前なので、 検索する際は、「」や「マルコ ワンピース」・「マルコ ONEPIECE」等でも探した方がいいよい。 以降は、白ひげ海賊団の残党達の牽引役として海賊を続けていた。 勝太の切り札が次々と強化されていったように、今後はジョーカーズが、そしてまだポテンシャルをみせきっていない新種族が強化されていき、きっと、王者に、覇者になる日がくるかもしれない。

Next

モルネク

それを考えて最初に組んだデッキが以下のようなものでした。 この時点で、カムイのバトルゾーンには が3体。 後期ではとのによりやや弱体化する。 序盤に出して1枚タップするだけでもテンポを取れてしまいますが、2文明以上だと動けなくなるデッキも少なくないです。 既存の連ドラと無理なく共存させることが可能になった。 お清めはカリヤドネに対する数少ない勝ち筋な他、上でプレイしてシステムを破壊することも結構あります。

Next

【デッキ】不死鳥鬼修羅

特に、出てすぐに効果を発動しないやを搭載した旧式の【連ドラ】は、上記のの他に、によって即座に除去されてしまう為、ほぼからは淘汰された。 またも多文明に登場し、その中でもはバトルによって相手クリーチャーを破壊できるW・ブレイカー持ちのS・トリガー。 しゅーいちの後手3ターン目。 展開を各種バルガに依存しているため、などで動きを止められると一気にテンポをそがれてしまう。 光牙忍ハヤブサマル 超次元ゾーン• そのため、世間や周囲からは白ひげ海賊団のNo. 2ターンで2マナ加速できる可能性があるカード ドラゴンがコストが高い為GJに勝ちやすい 火がメインなので使い回しやすい 3マナ加速で大型ドラゴンに繋げる 3コストで序盤はマナブースト、終盤はアタッカーとして貢献するドラゴン 少々重いが1体で2マナ加速できる可能性があるファイアー・バード 《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー》のでと。 さらに、どこからでもこのクリーチャーが墓地に置かれれば墓地のカードをまとめてデッキ内に戻し、山札を回復できます。 また、ツイッターにて優勝デッキレシピはこちらより検索が行えます。

Next

デュエルマスターズ 復帰勢 購入記 part 13 〜モルネクの高騰〜

そのお膳立ての為に はめくられたのだろう。 フェアリーの火の子祭4枚• 今回は珍しく(?)、実際にCSで使っていたデッキです。 ドラゴ大王やヴィルヘルム等の大型クリーチャーを踏み倒すことができる超強力カード、ただし封印を外し過ぎるのが玉に瑕。 理由はモーツァルトで自分の禁断を破壊してしまうという事を防ぐことができるからです ザンテツの効果は「バトルゾーンにある自分の他のクリーチャーはすべて、種族にガイアール・コマンド・ドラゴンを追加する」という効果を持ってるのでモーツァルトで吹き飛ばなくなります。 たしかに、仰天夢双で除去させるのに1枚のカードを使わせてるので一見マナロと同じ遅延が出来てるように思えますが、最速仰天夢双しても殴れないので2枚のカードを4Tに使っても、返しの除去カード1枚でぶっ飛び、ハンドリソースにおいてまけます。 これは悠長なことを言ってられない。 これまでに、数々の物語を歴史に刻んできたデュエマグランプリ。

Next