春菊 レシピ ナムル。 春菊はナムルにしなくちゃ!韓国のレシピ+豆腐入りのアレンジ

余った春菊の活用レシピ5選(簡単おかず&お弁当の副菜)

湯 大さじ2• 『ナムル』というと、焼き肉屋さんで出てくる『大豆もやし・にんじん・青菜』の盛り合わせを思い浮べるかたが多いのではないでしょうか? でもじつは、『ナムル』は韓国語で 『あえもの』という意味。 10分• 15分• 15分• 154kcal• 半分ほどの長さにカットして置いたら、ニンニクはみじん切りにして唐辛子は輪切りにしておきます。 料理に青じそが加わるだけで、料理が生き生きとしてくるから欠かせません。 オリーブオイル大さじ2• レシピ動画あり(約1分)。 料理と読書ができる生活…よい。

Next

余った春菊の活用レシピ5選(簡単おかず&お弁当の副菜)

春菊をさっと茹で、水にさらし搾ります。 春菊と青じそのナムルの材料( 2人分). 417kcal• 味を見ながら塩を少しずつ加えて味を調えます。 がおいしい! ゲストさん 15:52. 4503. 貧血対策にも。 がおいしい! ゲストさん 16:24• あとは調味料を混ぜて完成。 638kcal• まとめ クックパッドで人気のあるナムルの絶品レシピをご紹介しました。 たれは何でもOKですが、ポン酢も相性がいいので試してみてください。 — 鈴木善彦 ssetsuna00. 水にさらして水けをきる。

Next

春菊ナムル(副菜)のレシピ・作り方

がおいしい! ゲストさん 16:53• にんじんはせん切りにする。 定番のもやしやほうれん草だけでなく、豆苗などもつくれぽ1000以上の殿堂入り。 クックパッドのレシピ本「野菜が大量消費できちゃうレシピ」に掲載。 ニンジンのオレンジ色と小松菜の緑色がきれいなナムルです。 699kcal• 小鉢がもう一品欲しい時に「春菊のごま和え」 春菊の基本メニューであるごま和えのご紹介です。 ちくわを太めに、春菊は3cmにカットします。

Next

新玉ねぎと春菊のナムル

41秒のレシピ動画あり。 輪切り唐辛子1本• がおいしい! ゲストさん 16:03• フライパンで春菊の茎から炒め、唐辛子・ちくわ・残りの春菊を炒めていきます。 サッと作りたいときには、5分以内で作れる簡単レシピも参考にしてみてください。 ごま油 大さじ1• 香りが良くて好きな野菜。 かくし味にナンプラーを使うところが美味しさの秘訣。 がおいしい! ゲストさん 16:22• エビ10尾• フライパンにごま油と長ねぎを入れ、長ねぎが香ばしく揚がったらフライパンを火から下ろす。 塩だけで味付けすることもありますが、醤油を少し入れるのも美味しいです。

Next

【絶品】ナムルレシピの人気1位は?つくれぽ1000超の殿堂入り&簡単な作り方!タレも参考に♪

塩 ひとつまみ• すりごま 適宜• 春菊はさっと茹でてざるにあげ、水気を絞って3cm幅ぐらいに切る。 4337 牛薄切り肉 トック 玉ねぎ ピーマン 塩 こしょう 酒 ごま油 【A】 コチュジャン 酒 砂糖 しょうゆ• レシピ動画ありです(35秒)。 これに調味料(塩2つまみ、砂糖4つまみ、ごま油大さじ1~2)を加えて和えると完成です。 赤ちゃんの発育に大事な葉酸がたっぷり!春菊は鉄、カルシウムもバッチリ。 苦みも抑えられるので、春菊が苦手な方にもおすすめです。

Next

新玉ねぎと春菊のナムル

2春菊は5㎝長さに切る。 では、もう一つアレンジレシピをお届けします。 茹であがった春菊につぶした梅・みりん・醤油などを加え和えたら完成です。 玉ねぎは皮をむき、薄くスライスし水にさらしてからざるにあげて水気を絞る。 ボウルに1)の玉ねぎと春菊を入れて、【A】を加えて混ぜる。

Next

春菊と青じそのナムル [世界のおうちご飯] All About

40分• 261kcal• がおいしい! ゲストさん 16:10• 食べやすく切った春菊、水抜きした豆腐、油を入れずに炒めてカリカリにしたちりめんじゃこ。 長ねぎはみじん切りにする。 玉ねぎは火を通すと苦みが減ります。 豆苗は年中安く購入できる食材です。 3511• つまりはもっといろいろなものをあえて、自由に『ナムル』を作ってもいいんです! 今回ご紹介するのは、 『春菊とさばのみそナムル』のレシピ。

Next

余った春菊の活用レシピ5選(簡単おかず&お弁当の副菜)

がおいしい! ゲストさん 16:12• がおいしい! ゲストさん 16:11• まさに産育食のおススメ野菜。 私はしゃぶしゃぶの食べ放題のお店に行って、春菊があったら、春菊ばっかり入れるほど春菊が好きですが、この春菊ナムルも大好きです。 醤油・砂糖などの調味料と合わせ、最後にごま油を加えたら完成です。 ツナをさば水煮缶にかえれば、鉄、カルシウム、ビタミンDやDHAなどバランスぐんとアップ! 産育食ワンポイントアドバイス 葉酸は熱に弱く、水に溶けやすいので、春菊はさっとゆでてください。 春菊をサッと茹で、梅干しはつぶしておきます。 韓国のりがあれば使ってください。

Next