北海道 エアポート 株式 会社。 北海道エアポートグループが描く7空港の将来像とは?

北海道エアポートグループが描く7空港の将来像とは?

その他、道内オープンジョーによる広域観光を促進するほか、LCC誘致による新規需要の拡大、さらには地域と連携した航空貨物の利用促進を図る。 これまでにCATを含む7空港のビル会社と新千歳で国際貨物を取り扱う札幌国際エアカーゴターミナル(千歳市)の計8社から株式を取得し、完全子会社化した。 会社名/日本エアポートデリカ株式会社• 事務所 Office 北海道札幌市中央区北1条西7丁目1番地 プレスト1・7 6階 【空港経営調査室・総務部・経理部・企画部・開発部】 6F,Presto1-7 Bldg. 9点だった。 北海道エアポートは、6月から2021年3月にかけて予定されている、各空港の運営事業開始に向けて、準備を進めていきます。 そして新千歳空港にビジネスジェットターミナルを新設や帯広空港にもビジネスジェットの専用ハンガーを整備するなど、北海道全体でビジネスジェットの受け入れ体制も図っていく計画だ。 2020年1月15日に7空港一体のビル経営を開始し、6月1日から新千歳空港、10月1日から旭川空港の運営を始める。

Next

北海道エアポート SIACTも子会社に

設立年月日/平成23年9月30日• etc 資本金 Paid-in capital 3億7,500万円 375 million yen 従業員数 Number of employees 78名 令和2年4月1日 現在 78 事業内容 Businesses• 株式会社フジ・メディア・ホールディングス• これまでにCATを含む7空港のビル会社と新千歳で国際貨物を取り扱う札幌国際エアカーゴターミナル(千歳市)の計8社から株式を取得し、完全子会社化した。 会社ロゴは無限の可能性を持つ北の空や北海道の雪や氷をイメージした「ノースブルー」を基調色とし、「Hokkaido Airport」の右上にあしらわれた七光星(七稜星)はと7つの空港数を示し「7つの空港と地域の可能性を結ぶことで北海道全体を輝かせていきたい」という思いが込められている。 会社名/日本エアポートデリカ株式会社• 航空業界の発展に資する事業 Projects that contribute to the development of the airline industry• 6月に控える新千歳の空港施設の運営開始へ向け、確実な引き継ぎと人材確保や教育など万全の体制を整えたい」としている。 株式の買い取り合計額は非公表。 空港名 位置付け コンセプト グローバルゲートウェイ 北海道ショーケース 広域ゲートウェイ アウトドア・ビレッジ レトロ・モダン 地域ゲートウェイ ウォータースケープ アグリフードガーデン 比類なき大自然 大自然のパノラマ 構成企業 [ ]• 運営開始当初は国内線ターミナルビルの搭乗待合室の混雑緩和や到着階の拡張、地下のJR新千歳空港駅からの動線改善など、将来的には国内、国際線共用の第3ターミナルビルの建設を予定している。

Next

北海道エアポート

北海道空港、北海道銀行、日本航空 JAL 、ANAホールディングスなど17社が出資する北海道エアポートは2020年1月15日 水 、北海道内の運営対象の空港会社など、8社の発行済株式を全て取得、完全子会社化したと発表しました。 主な事業内容/• - Aviation Wire• - 北海道通信社 2019年12月16日• 同社は「これまで同様に地域の意見をくみ上げ、各ビル会社と一体で運営していく。 7空港の総投資額は約4290億円。 さらに、7空港一体運用を支える運用システムも構築する。 ちなみに同グループは北海道空港を代表企業として、三菱地所、東京急行電鉄、日本政策投資銀行、ANAホールディングス、日本航空、三井不動産、三菱商事、そして北洋銀行、北海道銀行、北海道電力など計17社で構成している。 新千歳では2017年4月に北海道空港(HKK、札幌市)から分社化した新千歳空港ターミナルビルディング(CAT、千歳市)が国内線や国際線のビルを経営してきた。

Next

北海道エアポート、北海道内空港の運営会社など8社を完全子会社化

航空旅客および航空貨物の取扱施設のほか、空港の機能を確保するために必要な施設の設置・建設および管理 In addition to handling facilities for air passengers and air cargoes, installation, construction and management of facilities necessary for securing airport functions• - 国土交通省• 2019年8月9日 北海道内7空港特定運営事業等 基本協定書の締結について 詳しくはをご覧ください。 免税店事業() Duty-free shop business グループ企業 Group• また、北海道以外や海外との相互誘客プロモーションも行う予定です。 日本エアポートデリカの会社概要• 日本エアポートデリカの会社概要• 今後のスケジュールは、8月の基本協定締結後、10月ごろに運営権の設定と実施契約の締結を予定。 to contribute to the convenience of those using airports in addition to offices and shops• 得点の内訳などは、8月の基本協定の締結後に公表する見込み。 各地の事情に応じつつ一体的経営へ向け、同社の役員を各社に派遣する予定だ。 それによると、道内7空港において役割分担を明確にすることで、航空ネットワークを分散・拡大することを目指す。 株主構成/株式会社JALUX 51%、 日本空港ビルデング株式会社 49%• 北海道内7空港を運営する北海道エアポートは2020年6月17日 水 から、北海道や北海道観光振興機構と連携し、「HOKKAIDO LOVE! 日本航空株式会社• 会社概要 Corporate profile 商号 Corporate name 北海道空港株式会社 Hokkaido Airport Terminal Co. 設立年月日/平成23年9月30日• プレスリリース Press release 2019年10月31日 北海道内7空港特定運営事業等 実施契約の締結について 詳しくはをご覧ください。

Next

北海道エアポート、北海道内空港の運営会社など8社を完全子会社化

関連リンク (国土交通省) ・(19年1月30日) ・(18年11月23日) ・(18年11月23日) ・(18年11月23日) ・(18年9月13日) ・(18年9月8日) ・(18年7月4日) ・(18年4月27日) ・(18年3月30日) ・(18年2月14日) ・(17年8月1日). 2020年1月15日に7空港のターミナル運営会社8社を完全子会社化しターミナル運営を移管 、6月に新千歳空港 、10月に旭川空港、2021年3月に函館・釧路・帯広・女満別・稚内空港全体の運営を移管する。 会社名 正式英文表記)/Japan Airport Delica Inc. その他、道内オープンジョーによる広域観光を促進するほか、LCC誘致による新規需要の拡大、さらには地域と連携した航空貨物の利用促進を図る。 各地の事情に応じつつ一体的経営へ向け、同社の役員を各社に派遣する予定だ。 1追加要求事項 JMAQA-FC323 ISO22000:2005 JMAQA-F408• 位置付け種別• 対象7カ所の空港はこれまで、それぞれの旅客ビル会社がビル運営に従事。 7空港の総投資額は約4290億円。

Next

北海道エアポートグループが描く7空港の将来像とは?

3倍 国土交通省は去る8月9日、北海道7空港の優先交渉権者となった北海道エアポートグループ(代表企業:北海道空港)の提案概要を公表した。 管理者の異なる各施設を一つの事業者に集約し、より効率的で柔軟な空港運営や広域的な観光振興による地域経済の活性化を目指す。 グローバルゲートウェイ - 北海道全体のネットワークを担い欧米豪方面やアジア圏ローカル都市への国際線、国内地方都市の国内線誘致を目指す。 18日には各空港と新千歳で7空港運営開始の記念式典を催す。 各空港立地自治体とのパートナーシップ協定の締結や企業ロゴマークの発表などを予定する。

Next