木戸 泉 酒造。 【楽天市場】日本酒 > 蔵元・関東 > 千葉県 > 木戸泉酒造 > 定番酒・季節酒:焼酎・日本酒の「酒の勝鬨」

山田酒造株式会社

It is brewing dry Junmaishu with a strong framework unique to hard water. クール便代450円のご負担をお願い致します。 引渡時期 配送希望日のご指定は原則的にご注文から3営業日以降とさせて頂いております。 酒蔵としては近代的な建物と土地の広さに、かつては「清酒共同製造場」であった事が伺えます。 木戸泉酒造は世の中の高度精米で造った吟醸酒、大吟醸酒へと向かっている流れに逆らって、あえて特異な道を歩んでいます。 The fragrance which deepens and has that and the elegant flavor. 醸造所に立つ煙突 歴史を感じる煙突。 但し、ご注文頂いた商品と異なる場合、商品到着時点において商品不良、破損品であると当社が判断した場合は、返品・交換に応じます。 その為、蔵元は世襲制ではなく、出資した株主が交代で蔵主を勤めてきたそうです。

Next

山田酒造株式会社

落ち着いた酸と丸みあり。 21,000円 20年以上熟成させた純米古酒。 やや甘めの味わいにアフス由来の酸が後味にキレを演出しています。 日本国内で一番作付け面積の多い品種なので、この風景 田圃 がいつまでも続いてほしいという願いも込めて。 紫はその昔最高位の証の色であったことからイメージカラーを紫としました。 佳紀杜氏が手がけた期待の酒、「 特別本醸造 一滴二滴」を手に取り関心する吾郎でした。

Next

日本酒 駒泉 蔵元 株式会社 盛田庄兵衛

事務所に戻ったあとはあれこれと試飲させて頂きました。 ご連絡を頂かずに商品返送頂きますと返品交換に応じかねます。 地元市場での評価もよく徐々に地元に浸透。 10年・20年という長期熟成酒とはまた違った、5年未満の短期間熟成を食中酒としてお楽しみいただくための純米酒です。 まだまだほかの蔵も訪ねてみて、それぞれの味を楽しんでいきたいものです。 10年・20年という長期熟成酒とはまた違った、5年未満の短期間熟成を食中酒としてお楽しみいただくための純米酒です。 背後に建つ昭和レトロな建物は資料館になっている。

Next

神亀酒造|埼玉・蓮田の酒蔵、日本酒、純米酒、ひこ孫

木戸泉の特徴であるガツンとしたうまみある本醸造無濾過生原酒です。 やや甘めの味わいにアフス由来の酸が後味にキレを演出しています。 夏の食欲不振な時に食用増進におすすめです。 天然の乳酸の可能性を追求し続け、健康や安全・個性をテーマに掲げて挑む『旨き良き酒づくり』。 飽くなき挑戦は揺らぐことのない木戸泉の蔵ビジョンのもと、邁進して行きます。 誌面では熟成酒や自然舞、アフスについて紹介されております。 この湧水に惚れ込み、会津よりこの地に蔵を移してまで造った酒は、甘み・酸味・辛味・苦味・渋味の五味が絶妙なバランスで組み合わされ深みのある味を造り出しています。

Next

千葉県【外房の地酒 木戸泉酒造】

山田錦のイメージカラーを緑としました。 屋号である「木戸」に酒を表す「泉」で木戸泉を銘柄としています。 こうして乳酸菌が乳酸を出すことで雑菌の繁殖を防ぎつつ、酸に強い酵母は糖分をアルコールに変えていくわけです。 47club. それぞれ独特の雰囲気を持つ蔵の写真も自由に撮れるうえ、質問に対しても企業秘密、企業秘密と言わずに何でも答えてくれます。 商品情報 価格 ¥2,970 税込 原材料名 米(国産)・米こうじ(国産米) 産地 最終加工地 千葉県いすみ市 内容量 1. 蔵元紹介 創業以来、会津の水、会津の米、そして会津の人々で造りあげる正真正銘の地酒にこだわっています。

Next

神亀酒造|埼玉・蓮田の酒蔵、日本酒、純米酒、ひこ孫

千葉県いすみ市大原 自然醸造きどいずみ 木戸泉酒造 巨大な杉玉が目印 木戸泉酒造は明治12年(1879年)創業。 『会津のよさは酒の良さ』をキャッチフレーズに蔵人が一丸となり、手間暇を惜しまず日々研鑽を重ね、女性杜氏ならではの感性で飲むほどに酔うほどにのどかな気分になる酒を醸し続けています。 現在はこの連続蒸米機は蔵の主力商品である「 志賀泉 精選」など普通酒を仕込む際に使用。 特定名称酒はこの甑を用いて米を蒸します。 商業の歴史も古く、七戸の人々の購買力が高かったことから、江戸時代初期から近江商人などがこの地に入り、商業は盛んになりました。 木戸泉の歴史を少し紐解くと、この信念を支えているのは昔からのチャレンジ精神であることが伺えます。

Next

木戸泉(きどいずみ)

Therefore, in Junmaishu making, the quality of the raw rice must be good. 「酒造りは一 麹、二 酛、三 造り」とはよく聞きますが、それらはすべていい蒸米があってこその話で、その後の生産過程から味に至るまで、蒸米の出来不出来はとても重要なのだそうです。 熱燗にしてもバランスがよく和食との相性は抜群です。 日本国内で一番作付け面積の多い品種なので、この風景 田圃 がいつまでも続いてほしいという願いも込めて。 それゆえに、純米酒造りでは、原料であるお米の品質が良いものでなければなりません。 6年ちょっと前に「もっと日本酒を飲んでみたい」と、千葉のお酒を物色した中で見つけたのが、木戸泉の「自然舞」でした。 大原漁港は周辺一帯で最も規模の大きい漁港です。 通販でも購入できる。

Next

蔵元紹介

写真は仕込み部屋。 いずれの商品もリーズナブルなお値段だ。 最後に訪問の証の記念撮影。 十年先、百年先にも引き継がれていくもの。 切れ味も抜群。

Next