中国 コロナ 終息 嘘。 新型コロナ:中国で終息の嘘と2次感染の危険性 パンデミック招いた中国共産党の情報隠蔽と独裁維持至上主義(1/9)

中国、新型コロナの感染者数は嘘。なぜ感染スピードが急激に落ちた?

それにもかかわらず、またも自らが新型感染症の発生源となりながら、中国当局は、初動における感染拡大阻止のための最も重要な責務を果たさなかった。 武漢市党委員会書記以下も、過度の保身に走り、ヒトからヒトへの感染という重大な事実の隠蔽工作に走ったものと思われる。 武漢のある湖北省以外にも急激に感染が広がっているニュースが流れてから、急に中国の感染状況の報道が減り、3月10日には国家主席の習近平が武漢を訪れ、事実上の中国でのピーク終了のようなニュースも日本で流れました。 しかしその報告では、ヒトからヒトへの感染の事実はないとの虚偽の報告がされていたとされている。 筆者は客観的事実に基づくファクトしか書かないことをモットーとしているが、少しでも中国の「ある要素」を肯定する記事を書くと、すぐに誹謗中傷したがる一部の人たちに、予め鍾南山を誹謗中傷する中文記事の現実をご紹介した次第である。 イタリアは全土の移動を禁止しても拡散が継続。 今回はその謎に迫りたいと思います。

Next

なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ

医師は市中肺炎ではないかと疑い、患者を当該病院の救急科病室に入院させた。 空母の造船所、人民解放軍内でも水兵や工員が感染して隔離されているという情報や、武漢市内で再開された企業内でまた2次的な感染拡大が起こっているという情報もある。 【北京共同】中国の習近平国家主席は4日、新型コロナウイルスの感染拡大について「予防と抑制の状況は持続的に良くなっている」と表明した。 そこで何が何でも医療従事者と医療施設を火急速やかに整備しなければならないと陣頭指揮を執ったのも鍾南山だ。 威海市は日本や韓国からの訪問者に14日間の管理措置をとると表明し、また、日本や韓国の対応が手ぬるく感染拡大をもたらすと警告するなど、日本や韓国に感染拡大の責任を転嫁する姿勢を見せている。 逆算すると、2月20日頃までに感染者数は、武漢市だけで少なくとも10万人は出ていたことになる。 では、武漢は本当に安全になったのか。

Next

新型コロナ:中国で終息の嘘と2次感染の危険性(JBpress) 危機管理の初動対処にとり最も大切な要件…|dメニューニュース(NTTドコモ)

11 ID:knGPdj0H0. 今日本でもかなり問題視されていますがウイルスの発端は中国である事は皆さんご存知かと思います。 視察は新華社通信など国営メデ…. 51 ID:9ZGa8XuV0. ・Globally(全世界) 感染者数:142 539 新規:9769 死者:5393 新規:438 ・China(中国) 感染者数:81 021 新規:18 死者:3194 新規:14 ・Outside of China(中国以外) 感染者数:61 518 新規:9751 死者:2199 新規:424 ・感染者が確認された国・地域 134か国・地域 新規:12 まだ中国以外の国の感染者を合計しても中国の感染者数に達しませんが、まもなくこの数字が逆転する見込みです。 残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。 本記事は「財新」の提供記事です 種々の証拠が示している通り、昨年12月末までに、少なくとも9人の原因不明の肺炎患者の検体サンプルが武漢の各病院から集められていた。 そんなSARSとは急速に患者が減っていた事はご存知ですか? なぜ急激にSARS患者が減少したのかと言うと生きたままSARS患者を火葬したからなんです・・・ 防護服を着用した複数の人数でSARS患者を力尽くで押さえ込み、そのまま火葬場に連れて行き生きたまま火葬してしまった様です・・・ しかもそれを行ったのが中国の警官のようです。 そんな強力なウイルスなのに中国では既にピークは過ぎたと発表しています! なので中国の発表を鵜呑みにしてはいけません、その中国人の方が言うにはもっと亡くなってるよ(具体的な数字は教えてくれないが)と言っていました。 2月8日:34,546人• UNCTAD(国連貿易開発会議)が2020年1月20日に公表した「世界投資の傾向」によれば、2019年のエチオピアへの直接投資流入額を25億ドル、そのうち60%は中国によるものとしている。

Next

全部ウソだ!武漢市民が罵声 中国「やらせ視察」に批判 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

そもそも違う省ですよ。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。 駐在員もようやく極度の緊張から解放されて一安心ってところですが、まだ油断はできません。 まとめ:変わらない隠蔽体質と独裁維持至上主義 このように、習近平氏率いる中国共産党のコロナウイルス対応でも明らかなように、人民の生命の犠牲も世界への迷惑も顧慮することなく、党の面子や正当性を繕うために、情報を隠蔽あるいは歪曲して顧みず、都合の悪いことは他者に責任を押しつけるという、毛沢東以来の中国共産党の体質には、何ら変化はない。 しかし、新型感染症の一地域を超えた世界的流行を意味する「パンデミック」の本来の定義から言えば、新型コロナウイルスが「パンデミック』であることは、1月末に世界各国が中国全土からの人の受け入れを拒否し始めた頃から、すでに明白だった。

Next

中国でコロナ終息の嘘。自粛する理由は?など。

おまけに李克強は「新型コロナウイルス肺炎防御抑制領導小組(指導グループ)」の組長(トップ)なので、鍾南山は李克強の指導グループにも常に参考意見を具申する立場にあり、習近平に直接話をするのは職位の順番から言って、あくまでも李克強である。 中国当局は現場の正確な生の声を封ずる一方で、収束に向かっているとのデータを出して、世界の他の国に責任をむしろ転嫁する情報戦を行っているが、死亡数、感染者数とも実数ははるかに多いとみるべきであろう。 自らも感染するおそれがあり、生物兵器には適さない。 中国はWHOから台湾を追い出すために、WHOの事務局長ポストを獲得し、香港出身のマーガレット・チャン氏が事務局長となり、2017年には台湾をオブザーバーとして参加させなかった。 党関係者によると、蔣氏ら湖北省幹部の更迭は12日に習近平総書記が招集した党最高指導部の政治局常務委員の会議で決まった。 「ウソも言い続ければ真実になる」という。 仏紙ル・モンド(3月7日)でも、専門家がその主張を完全否定している。

Next

新型コロナ:中国で終息の嘘と2次感染の危険性

中国の独立系メディア「財新」の取材班は新型コロナウイルスの感染拡大期に、武漢で何が起きていたかを突き止めた。 また中国当局は春節後、できるだけ早期に民工などを職場に復帰させあるいは臨時工を雇わせて、武漢などの企業の就業再開を急がせている。 3日から診療を始める。 そこから37日後の2月末には、各省の衛生部が、感染は終息に向かうとの発表をした。 そのため、李克強首相が報告を受け、習近平氏に報告した。 政府の権力を市民に戻そう」とあげた短い映像を最後としてその後は沈黙している。

Next

「世界は中国に感謝を」 中国が新型コロナ感染防止の“救世主”に?の皮肉 中国は”世界を救う大国”アピールを始めた

湖北省武漢市では厳しい状況が続くが、習指導部は同省以外ではほぼ終息してきていると強調。 甘い対応によって、既に手遅れとなってしまったことを「反省すべきだ」と、中国は訴えたのだ。 もしこの「両会」を無事に開催できなければ、北京の党中央からどのような懲罰を受けるか分からないという恐怖心が、党書記長以下の判断の背景にあったのであろう。 米国では、武漢市にある中国科学院武漢病毒研究所のウイルス管理体制がずさんなことへの不信感があると報じられている(『産経新聞』令和2年2月1日)。 そこで「人から人への感染」があることと、「これはSARS以上の危機をもたらすかもしれない」と一瞬で見抜き、李克強(国務院総理)に知らせたことから、習近平(国家主席)の知るところとなり、1月20日に習近平に「重要指示」を出させるに至った経緯がある。 武漢市党委員会の情報隠蔽と証拠隠滅招いた習近平独裁強化 昨年の12月1日には、武漢の海鮮市場において41例の感染症患者の発生が確認されていたが、そのうちの約3分の1は海鮮市場には接触していなかったことが、今年1月24日の医学専門誌『ランセット』の論文で明らかにされている。 一方で民間企業の操業再開率は2月19日時点で20. 李医師の死に対して、多くのネットユーザーから、その英雄的行動と悲壮な死をたたえ、当局の対応を非難する書き込みが殺到した。

Next

「世界は中国に感謝を」 中国が新型コロナ感染防止の“救世主”に?の皮肉 中国は”世界を救う大国”アピールを始めた

具体的には、デリー大学とインド理工学院の研究者たち(筆頭執筆者はインド理工学院のプラシャント・プラダン研究員)が、査読前論文サイト「bioRxiv(バイオアーカイブ)」に、ウイルスの遺伝子配列を人工的と誤認した査読前の論文を投稿し、わずか2日後に撤回した。 1月27日には中国国内の感染患者は2820人、死者は81人に達した。 各国は、 中国との国境を閉鎖したり、 中国発着の国際線を減便や一時停止するなど、 感染拡大防止のために様々な方策をとっているが、 そうした努力にも関わらず感染者数は日々増加している。 特に農村部や民工の間で発生した患者は今後も満足な医療も受けられないまま捨て置かれ、一般的な病死扱いになると思われる。 このように、中国は情報戦をWHOなどの国際機関や他国に対して仕かけ、責任転嫁を図ろうとしている。 中国は被害者意識があるのか? もともと謝らない人種だからか? いずれにしても の初期対応が遅かったことが この事態を招いている。

Next