コ 哀 ss。 2005年・小説(短編・長編)

名探偵コナン~選ばれた二人の物語~

「それじゃあ灰原さん、話、聞いてくれてありがとう。 「そんなこともあるって」 傍からあっけらかんとした声がかかった。 彼も真っ直ぐに自分を覗き込んでくる。 「・・・・・・・・そうね」 ホント、あたしなんかが同情する資格なんてないのに。 独特の世界観が志保を中心に形成されていて周りの人との関わりがうまく表現されています。 胸の痛みを堪えているようにも見える。

Next

灰原哀の小さないたずら

!」 バチコーン!! 恋愛系中心です。 「SWEET PAIN」は個人的にすごく好きです。 ここで・・・暮らそうっと誘っています。 同じ境遇で共に生き、隣にいるのが当たり前で、つかず離れずの関係。 そー言うおめーはどうなんだよ。

Next

別視点の中学生コ哀<前編>

さて、コ哀信者が「信者」で言われるのかでありますが、コ哀信者が正規ではないからでしょう。 貴方が何の用事も無しにここに来る訳、無いでしょう?」 「ああ、そうだな…うーん…」 哀に尋ねられ、顎に手を当てて目を閉じ、考えるような仕草を見せるコナン。 「ちょっと、そんなところで寝ないでくれるっ!」 きつめの口調だった。 とコナンは考えた。 」 コナン「彼女…って蘭か?」 灰原「ええ。 「Tears Virsin」 ゆこまむさん• もう一人はそれを飲まされた側。

Next

Sherrys House

「自分で起きれるわよ」 無視して引き上げ、そのまま抱き寄せた。 性犯罪者を許容する無意識が、女にとっての夜道の怖さよ、工藤君」 II おんなが怖い、と思った一瞬がある。 「守られるの、おまえ、きっと厭なんだろうけど。 なぜなら、もともとあの薬で幼児化したのがごく稀なケースであり、その偶然起こったことに対する解毒剤など簡単にできるはずがないのだ。 そして・・・ 新一への思いを断ち切ろうと新薬を開発、忘れたはずの新一への思い、体が覚えてた・・・ どうしても忘れられない人がいる・・・ もう一度会いたいただその思いだけ・・・. 作品の子たる幼児化という遇を同じくし、を裏切ってきたという性、さらにからの片想いの描写はく間にを呼び、確定路線だったの模様に一石を投じることに成功した。 最初はノーマルだったんだけど、《2》で裏になったのでお引越し!! 新一に戻って半年・・・灰原の事をすっかり忘れていた新一・・・ある日突然・・・ やっぱり私より・・・と勝手に出て行った志保、でも新一にいない生活が辛くて・・・ 哀の気持ちを聞きだしたい・・・新一のとった行動は・・・ 自ら身を引こうと山奥の別荘で暮らす哀・・・事件を通して新一と再会 哀への想いが断ち切れず、探す新一。

Next

灰原哀の小さないたずら

「はぁ」 初夏の日差しも西に傾いてきた頃、窓際の女の子の口からため息が漏れた。 今日はいつも守るように一緒に歩く江戸川コナンは風邪をひき、学校を休んで昼間は両親のいない自宅ではなく阿笠邸にいる。 もっと私を血だらけにしてほしかったわ」 哀はその場から逃げると組織のジンに電話をした。 なんの痕跡も残らない猛毒だったはずが、奇妙にも二人の命は奪わなかった。 その前に乗客たちは皆慌ててバスから逃げ出すのですが、 灰原だけはそこに残ります。 いや、信じてはいけないと思った。 「なぁ、哀ちゃん。

Next

コナン×灰原哀『コ哀』の公式小説ssエピソード!結婚して夫婦に【名探偵コナン】

お笑いも少しあります。 方や元高校生探偵のしがない中学生。 俺は蘭のことが好きなんだって。 68 ID:jQRRpcxj0 光彦「 ジロ… 」 コナン「な、何だよ光彦…」 元太「あいつら怪しいよな…」ヒソ 光彦「ええ。 「バーロー、そんなんじゃねぇよ」 否定しながらも少し間をおいてコナンがため息混じりにつぶやいた。 「……痛むこともできねーの?」 不意に声を掛けられた。

Next

名探偵コナン~選ばれた二人の物語~

」 「……………、」 前髪を掻き上げながら、少し低い声のトーンと鋭い目付きで言うコナンに哀はぞくりと身震いをした。 でも」 (じゃあ誰が普通でないとされるか……それが例えば『犯罪者』だよ、探偵君) そう探偵に言った「犯罪者」が居る。 舞台は探偵事務所下の喫茶ポアロで面白い小説です。 「ん?何の事だ?」 しかし、当のコナンはとぼけた感じに答えた。 貴方がいち早く元に戻れるよう、寝る間も惜しんでやってあげてるの。 「工藤君?」 「凶器持ってる奴とは思わなかった……一人にして悪ィ」 絞り出すような声に、哀は目を見開き、すぐに泣き笑いのように顔を歪めた。

Next

FUTURE KISS コ哀&新志長編

…全く、どうして遅刻しそうになっているこの状況を作った張本人がそんなに偉そうなのかしらね。 おそろいにしようって。 「おまえなんかに同情なんてされたくねーよ」 初めて聞いた非難の言葉。 彼も似たような表情を返す。 どうしてあんなこと…。

Next